バストトップ かゆい

バストトップが痒いのは黒ずみへの第一歩

バストトップ 美白

 

バストトップの痒みはきちんとケアしないと黒ずみの原因になります。

 

乳首や乳輪が黒ずむ原因はバストへの外的刺激により
メラニンが色素沈着を起こすためです。

 

そのため、かゆいからといってバストをかくと、
メラニンが分泌されて乳首が黒くなってしまいます。

 

バストトップがかゆい方は、バストトップをケアしていないために、
乾燥してしまっている場合があります。
乾燥した肌にブラなどが擦れ、刺激が与えられると、
痒みとして脳に伝達されます。

 

他にも熱いお湯に入ったり、体を棚などに強くぶつけると痛いのと
同時に痒いと感じることがありますが、それも刺激によるものです。

 

もし、バストトップが痒いと感じているのであれば、
乾燥していることが原因かもしれません。

 

バストトップの痒みを止めるには、保湿をすることが重要です。
乾燥すると肌のバリア機能は低下し刺激から肌を守ることができなくなります。

 

そのため、乾燥していると刺激がより伝達しやすくなり、痒みも顕著になります。
ですが、きちんとケアすることで、バストトップに潤いを
持たせて肌を守り、痒みを抑えることができます。

 

バストトップを保湿する際に注意する点は、
クリームや化粧品に配合されている成分です。

 

刺激から守るために保湿するのに、刺激の強い成分が
入っているものを使ってしまっては元も子もありません。

 

バストトップ用のクリームが販売されているので、
できるだけ専用のクリームで保湿しましょう。

 

 

特にメラニンの生成を抑えて、できてしまったメラニンを薄くする成分が
含まれている物を選ぶと、より黒ずみの改善が期待できます。

 

また、黒ずみ専用のクリームやジェル、ピーリング剤も販売されており、
高い効果を望む人はそちらを使うことをオススメします。

 

 

また、保湿ではなく、痒みを抑える薬も存在します。

 

フェミニーナ軟膏が有名ですが、保湿効果はないので気を付けましょう。
一時的に痒みを抑えられても、新たな外部刺激により、再度痒くなる場合が
ほとんどですので、結局はきちんと保湿してケアをする必要があります。