ターンオーバー 基底層

バストトップを美白にするには角質層より基底層に働きかけることが大切

バストトップ 美白

 

バストトップを美白にするには角質層よりも
基底層に働きかけることが大切になります。

 

より具体的に説明すると、美白にとってメラニンの
発生が美白やシミ、肌トラブルの大きな原因です。

 

 

まずはメラニンの発生をなるべく少なくする必要が出てきます。

 

外に出た時に人間は多かれ少なかれ紫外線を
体全体に浴びることになります。

 

たとえ服を着ていても気づかないだけで、目に見えない光が
体の皮膚まで浸透しているのです。

 

特にこれといったケアをしないと、表面にある角質層よりも、
もっと下の階層である基底層にメラニンが到達してしまい、運が悪いと、
色素沈着してそのまま黒ずみが残ってしまう事になります。

 

一度メラニンが皮膚に沁みついてしまうとなかなか
白色に戻すことが難しくなってしまいます。

 

戻すだけでなく広がる可能性も出てきますので、一番気を付けないと
いけないポイントとしては、基底層に到達する前にメラニンを
排除しておかなければなりません。

 

 

日焼け止めクリームを塗るのは勿論のことですが、
日々の食事はなるべくコラーゲンが豊富な食事を採って
肌にいい食生活を心がけることが重要になってきます。

 

同様にバストトップを綺麗に見せるのに重要な要素である
乳首や乳輪の色がきれいな桃色になっているかが大切になります。

 

上記の様なケアをするのは勿論ですが、ここで重要になってくるのが、
ターンオーバーという概念です。

 

肌にも通用する概念ですが、特に服にじかに触れる箇所である
乳首や乳輪に対して気を付けないといけません。

 

具体的には、年齢や季節によって人間の皮膚は
古い角質から新しい角質へ移り変わります。

 

この期間が長くても短くても行けません。

 

このため、規則正しい生活をしていればさほど気にする
必要はないのですが、季節の変わり目や体調不良が続くときなどは
注意する必要があります。

 

特に乳首や乳輪など先端に異変が出やすいので毎日鏡の前で
欠かさずチェックして色がきれいな色かどうかを
見逃さないように気をつけましょう。